KOZA  SPECIALコザスペシャル

コザ職人。こりゃ、ノーベル賞もん!!

歪みのない音は溶接技術から生まれた。

まさに音世界からの仙人スタイルで登場した知名さんは、いわゆる今までのセオリーを覆し、独創的な発想で真のオーディオを完成させた。知名オーディオの作るシステムは全ての音がはっきりと耳に届く。楽器どうしが喧嘩せず、そこで演奏されているかのような臨場感味わえる。インタビュー時に何度も口にした「ラジコン飛行機も、音も、三次元で同じだ。」という、凡人には理解しがたい発言も音一つで納得させられる。
知名オーディオの独自性は一般に回路を繋ぐときに使われるハンダを一切使用していないところにある。ハンダを通ることで音に歪みが出るため、溶接の技術をオーディオメーカーとして初めて採用し、完成させた。そんな知名さんの週末は自作のラジコンを飛ばしに行くことだそう。

  • 写真1

    工場には自作のラジコン飛行機がそこら辺にぶら下がっている。このラジコン飛行機に対する発想とオーディオに対する発想も知名さんには同一の考えだと勝手に編集部は想像できました。

  • 写真2

    無駄な物を削ぎ落としてできあがったアンプはスイッチさえほとんどない、音のみを追求するとこのような形になるのだ。

  • 写真3

    放出口が真上に付いている独特のスタイル。それによって、音が360度のひろがりを持って放出される。

オーディオ職人 知名宏師の生い立ち

  • 1953年小学生のころゴム動力飛行機を製作
  • 1959年中学にあがりゲルマラジオを製作
  • 1960年真空管アンプを製作
  • 1963年トランジスタアンプを製作
  • 1967年宜野湾市大山のFMエレクトロニクスへ入社
  • 1974年宜野湾市大山で知名オーディオ設立
  • 1977年読谷村都屋へ移転
  • 1983年ステレオアンプに無溶接アンプをのせる
  • 1983年那覇店をオープン
  • 1985年読谷の工房を沖縄市のB・Cストリートへ移転

有限会社 知名御多出横店舗紹介

業界人からの注目も集めるチナオーディオの商品は、那覇店のショールームで実際に体感できます。

  • 写真1

    01.音の魔術師

  • 写真2

    02.流線木工

  • 写真3

    03.繊細竹細工

  • 写真4

    04.色彩版画

  • 写真1

    05.筋金刺繍

  • 写真2

    06.極のデニム

  • 写真3

    07.逸品レザー

  • 写真4

    08.一刀両線

※この記事は2009年2月発行のコザソース vol.033からの掲載です。

To page top