KOZA WALKコザまちまーい(コザまち歩き)

サンシティ:那覇にも負けないハイセンスなマダムファッションの聖地

隣接する一番街と一緒くたにされ、その存在に気づいてもらえなかったりするちょとマイナーな通り。歩くときには、ぜひアーケードの天井を見上げてみて欲しい。天井の形がアーチ型ならそこは一番街ではなく、サンシティ。ちなみに一番街は三角屋根だ。2012年の安心安全をテーマにした大改修で、アーケドの取替えの他、防犯カメラと防火灯の新たな設置も行われている。

通りを歩いていると目にするのは、ハイカラなマダムやおばーたちが闊歩している姿。昔から最先端を行く服飾店が多かったが、今でもここは立派にファッションストリートなのだ。ショッピングセンターではお目にかかれないオンリーワンの服が見つかるので、お母さんやおばあさんを連れて親孝行にぜひ。

23℃

23℃店舗情報

世界的なモードブランド・ISSEI MIYAKE(イッセイミヤケ)を中心に、モダンなセレクトで人気を集めるコザの老舗。 毎年訪れるパリジェンヌも顧客にいるという。スタッフのセンスが生きたお手頃価格ののオリジナルブランドもあり、そちらも人気が高い。スタッフが皆、真似したくなるようなおしゃれ上手なのはもちろん、とても気さくで明るいのもマダムに人気の秘密だ。

きもの乃・なかそね

きもの乃・なかそね店舗情報

伝統的な仕立てを得意としながらも、新しい発想で現代に合った服を次々と生み出しているアヴァンギャルド老舗。中でもマダムにオススメなのは、ワンピースと羽織が一体となったコードドレス。うちなーむん(沖縄のもの)でドレスアップしたいときに着るものが欲しいと考えだしたそう。体のラインが出ないデザインと、共布のコサージュが好評だそう。

地味にしか見えないサンシティに並ぶショップが、どれほどハイセンスかって? 世界的なモードブランド・ISSEI MIYAKE(イッセイミヤケ)のアイテムが豊富にそろう「23℃」は、パリからのお客さんが毎年訪れるほど。一見普通の呉服屋「きもの乃・なかそね」は、名だたる中部の唄者が衣装を仕立てにやってくる。ロマンティックなヨーロピアンレースの店「スターライト」は沖縄全島に常連さんがいる。こんなに個性的な店が集まっている通りなんて他にあるだろうか。この他にも、お祝いの席にもピッタリのワンピースが豊富な「LA MAISON DE NANA」、80代のおばあちゃんたちこそどの世代よりもお洒落! と気づかせてくれる「ブティックCoCo」などがある。

スターライト

スターライト店舗情報

その濃密なレースの世界の虜となり、遠方からも多くの常連さんが足繁く訪れるという。上質なヨーロピアンレースながら、台湾仕入れなのでリーズナブルなのも人気の秘密。レース好きのマダムは多いもの。プレゼント選びに困ったら、ここを覗いてみて!

ARCADE

ARCADE店舗情報

観光でアートをというと、ギャラリーを巡るにとどまることが多い。しかし、多目的施設のARCADEなら、アート単体だけでなく、沖縄のアートシーンを垣間見ることができる。企画展や常設展はもちろん、ここを拠点としている作家のアトリエや、絵画教室の様子も覗ける。また、「ゆんたくルーム」では代表の平岡昌也さんから、コザのアートを取り巻く現状について聞くことができる。

一時、那覇よりもおしゃれだと言われていたコザ。そんな評判を生み出したのが、サンシティの個性的なブティックたちだったのだ。時は変わり、現在コザの街はアートの街として生まれ変わろうとしている。サンシティも例外ではなく、アート関連施設「ARCADE」がオープン。多目的に使える複合施設で、ギャラリー、作家のアトリエ、絵画教室として市民の気軽な利用を意図して開設されている。

 ファッションとアートがリンクするサンシティ。再び那覇よりもおしゃれだと言われる日が来るかもしれない。

2013年8月現在

このページのトップへ戻る