KOZA WALKコザまちまーい(コザまち歩き)

中の町なか通り:今日は車を置いて、はしご酒を楽しもう!

コザ市街地の他の通りと同じく中の町なか通りも、かつては米軍人相手にする店がほとんどだった。現在では完全に日本人向けの店に入れ替わり、ゲート通りのような異国情緒は感じられない。客層は変われど、沖縄市一番の飲み屋街であることに変わりはなく、連日、日が落ちる頃には陽気な声が飛び交い始める。

車社会の沖縄では、飲みのスタイルも本土とは違い、一つの店に入ると長く腰をおろしているのが一般的。二次会はカラオケ! なんて流れになっても、皆でタクシーで移動だ。でも、ここ中の町なか通りなら様々なタイプの飲み屋が密集しているので、楽しさ倍増、美味しさ倍増、出会い倍増のはしご酒ができるのだ。

zen

zen店舗情報

フレンチで腕を鍛えたシェフが作るイタリアンが評判でオープン直後から賑わいを見せる人気店。カウンターに座っている常連客のメニューはお任せメニューのことが多いので、気になったらオーダーしてみて!

ダイニング居酒屋 海月

ダイニング居酒屋 海月店舗情報

イタリアン、フレンチ、中華、沖縄料理など、ダイニング居酒屋ならではの豊富なメニューが魅力。大人の雰囲気の店なので、合コンや、デートにももってこいの店だ。

はしご酒の始まりは、やっぱり美味しい料理から。これに異論がある人はいるまい。明るい時間からひときわ賑わっている店を見つけたら看板を見て欲しい、そこはきっとイタリア料理店の「zen」だ。北谷町の海辺でデートにピッタリの店を営んでいたが、オーナー・星田さんの「カジュアルな飲み食い屋がしたい」という思いから中の町に店を移転させたという。スタイルはカジュアルになれど、味はスペシャルなまま。そこは繁盛具合が証明しているのでご安心を。「飲み歩きの中継地点のような店になりたいんです。フラっと入って、フラっと出て行く。もう想像するだけで楽しいじゃないですか」という星田さんの言葉から、中の町なか通りの飲みスタイルを愛していることが分かる。

大勢で行くなら、「 ダイニング居酒屋 海月」がいい。皆の気分に合わせて、イタリアン、フレンチ、中華、沖縄料理と何でも選べる店だ。

Jazz and Drinkingbar BLACKBIRD

Jazz and Drinkingbar BLACKBIRD店舗情報

一番の売りは、壁にズラリ一面並ぶ千枚を超えるレコード。自分のお気に入りを持ち込んで掛けてもらい、お客さん皆で楽しむこともできる。スクリーンに流れるモノクロの映画を眺めながら、お酒を飲みながらのジャズは格別だ。

コザ劇場 OTORAKU

コザ劇場 OTORAKU店舗情報

ライブ情報をまめにチェックしているファンの多いライブハウス。コザが誇るフォーク・バンド「ing」のリーダー宮城隼人さんが経営しているので、出演者リストには、宮城さんと交友関係のある県内外のミュージシャンが多数名を連ねている。

はしご酒と一口に言っても、土地によってその楽しさの種類はきっと異なる。コザでのはしごなら、やっぱり音楽をテーマに歩きたい。ということで、二軒目に行くなら音にも酔える店、良質な音を流してくれる店がいい。そんなテーマで選んだオススメは、「Jazz and Drinkingbar BLACKBIRD」。レコードをなんと千枚も常備。うっかりはしご気分がふっとんで、蔵書ならぬ蔵盤を聞き尽くしたくなるかも。

生演奏がお好みのあなたはぜひ「コザ劇場 OTORAKU」へ。県内外のミュージシャンが頻繁に演奏している。コザライブハウス連絡協議会が企画するライブイベント「ライブハウスサーキット」に参加しており、チャージ無料で入れる日もあるので、しっかりサイトでチェックしてほしい。http://www.kozalives.com/schedule.html

民謡クラブ なんた浜

民謡クラブ なんた浜店舗情報

「肝(ちむ)がなさ節」で知られる大御所饒辺愛子(よへんあいこ)の40年続く店。22時頃からお客が集まり始め、盛り上がりのピークは午前2時頃。

Live&Gallery アルテコザ

Live&Gallery アルテコザ店舗情報

オカリナと三線のコラボライブ、ロック&沖縄大好きバンドなど、曜日ごとに毎日企画があっていつ行ってもライブがある。また、ドラム、ベース、ギター、三線と幅広く楽器を用意している珍しいタイプのライブハウス。ステージで歌う楽しさは一度経験したらきっと病みつきになる。

思う存分飲み続け立派な酔っぱらいになったら、次は自分が主役になれる店に行こう! そんな店が中の町にはたくさんある。お客さんがステージに上がるのは当たり前の民謡スナックはどうだろう。中の町で民謡と言えば「民謡クラブなんた浜」。飲めや、歌えや、踊れやの大ノリノリが正しい楽しみ方だ。民謡酒場はどこも盛り上がり始めるのが、早くても午後10時から。しっかりした食事は用意していないところが多く、店側もはしご前提ということのようだ。

民謡だけでなくいろんなジャンルの曲を歌いたいなら、3軒目は「Live&Gallery アルテコザ」にしよう。この店はなんとドラム、ベース、ギターとお客さん用にと楽器が置いてある。歌うだけでなく演奏だって出来てしまうのだ。他のお客さんがあなたの演奏や歌声に耳を傾けてくれるかは、あなたの腕次第。だが、そこは既に酔っぱらい、気にすることはない!

Drink & Food Bar Hanari

Drink & Food Bar Hanari店舗情報

バーニャカウダや、とろとろソーキのトマト煮込みといったこだわりの料理が、遅い時間でも食べられる貴重な店。お酒もスペシャルに美味しい店なので、シメのつもりがまた飲み続けることになるかも…。※AM5:00閉店

宮古そば 愛

宮古そば 愛店舗情報

カツオベースのスープがお腹に優しい上品な味。豆腐チャンプルーも名物で、どちらにしようか悩んだら両方も食べるべし。実際ツウな人は、セットオーダーが多いのだ。※ AM5:00閉店

食べて、聴いて、飲んで、歌って。そろそろ帰らないと家族に怒られる…。そんな時間になったらシメの一皿を。「Drink & Food Bar Hanari」は、バーテンダーコンペティションでの受賞歴のあるスタッフがいる本格バーなのだが、食事もとても評判で、飲めないお客さんの常連もいる。目立ってオーダーが多いのはピザなのだそうだが、どれも美味しいので気分で選んでもハズレ無しだ。

シメの一杯の新たな定番として、最近頭角を現しているのが沖縄そば。中の町なか通りのオススメのそば屋は「宮古そば 愛」だ。カツオベースのスープに平細麺と酔っ払いに優しい上品な味だ。

アメリカの影響の薄れた通りでもこんなに個性的! 中の町なか通りはそう教えてくれる。コザって幾つの顔があるの? 新たな疑問が生まれるが、そんなことは一瞬で忘れてまた飲もう!

2013年8月現在

このページのトップへ戻る