KOZA WALKコザまちまーい(コザまち歩き)

[一番街]ピカピカに生まれ変わった一番街をぶらり

老朽化したアーケードが改修され、明るくなった一番街

老朽化したアーケードが改修され、明るくなった一番街。これから防犯カメラなども設置し、より安心安全な生活しやすい街になっていくだろう。

コザBOX

コザBOX店舗情報

沖縄市中心市街地の8つの商店街で構成されるコザ商店街連合会が運営している情報発信基地。コザマップアプリの入っているiPodなども貸し出している。

 1975年に沖縄で初めてアーケード化した商店街として知られる一番街。そのアーケードがリニューアルしたという事で遊びにいってきました。
 まずは、情報収集に「商店街交流ひろばコザBOX」へ。ここは沖縄市中心市街地の8つの商店街で構成されるコザ商店街連合会が運営している情報発信基地。そこでは、誰もが使えるトイレを備えた休憩スペースがある。  コザボックスで情報収集した取材班が次に向かったのが、「おやかわ呉服店」。昭和25年創業の老舗呉服店で、着物に関する商品を揃えている沖縄市の着物美人御用達の呉服店だ。二階には振り袖や留袖がズラリと揃い、沖縄ではなかなか手に入らない一点ものもあるそう。やはり古くからの常連さんも多い事から、着物の維持管理の要望も多いらしく、現在では手入れ、縫い直し、染み抜きなど「着物メンテの専門店」として訪れるお客さんも多いとか。

おやかわ呉服店

おやかわ呉服店店舗情報

昭和25年創業の老舗呉服店。古くからの常連さんも多い事から、現在ではお手入れ、縫い直し、染み抜きなど「着物メンテの専門店」として訪れるお客さんも多い。

ファッションRIP

ファッションRIP店舗情報

レディースアパレル。ムームーなどカラフルなラインナップが目を引くショップ。

 そして、アーケードが新しくなったという事で、レディースアパレルやムームーなどを扱っている「ファッション リップ」のオーナーでもある平安山さんに話を聞いてきました。「これまでの一番街アーケードは老朽化が進み、所々雨漏りがあったりと薄暗い雰囲気でしたが、今回の改修で明るくなり、更にLEDライトや防犯カメラの設置など、より安全安心な商店街になりました。これからも是非遊びにきて下さい」との事。

たじま屋

たじま屋店舗情報

数々のショッピングモールに出店している「たじま屋」の本店は創業50年以上の老舗で、沖縄市中心市街地のおしゃれマダム御用達のお店。
カジュアルなバッグから高級なヘビ皮バッグなど、カジュアルからフォーマルまで揃っており、他にもギフト雑貨、洋服なども多数取り扱っている。

コザゲートアパート

コザゲートアパート店舗情報

コザに出来た新しいショッピングスポット。1階物販フロアは、雑貨や器・アパレル・アクセサリーなどを中心に、各個店にブースを出店してもらい売場を作っているコンセプトビル。

 次に向かったのが、数々のショッピングモールに出店している「たじま屋」の本店。たじま屋本店と言えば、創業50年以上の老舗で、沖縄市中心市街地のおしゃれマダム御用達のお店。PORTERなどのブランドバッグから旅行バッグやショルダーバッグ、高級なヘビ皮などカジュアルからフォーマルまで揃っており、他にもギフト雑貨、洋服なども多数取り扱っています。また本店のみEM商品、EM︲XなどEM商品があるのも魅力の一つ。
 次に訪れたコザゲートアパートメント(KGA)はコザに出来た新しいショッピングスポット。1階物販フロアは、雑貨や器・アパレル・アクセサリーなどを中心に、各個店にブースを出店してもらい売場を作っているコンセプトビル。「贈る気持ちを応援したい。」というコンセプトのもと、ギフト商品の提案も、参加店と共に積極的に行っていて、現在約10店舗ほどが出店中。

コザ工芸館ふんどぅ

コザ工芸館ふんどぅ店舗情報

沖縄市工芸産業振興会が運営するアンテナショップ。陶芸やガラス、竹細工、紅型、知花花織り、知名オーディオなど沖縄を代表する工芸が勢揃い。
現在、沖縄市在住の14工房が出店。世界最大級の音量と響きを誇るチタンギターなど、沖縄でも中々手に入らない商品も展示販売している。

KOZY CENTRAL

KOZY CENTRAL店舗情報

「コザの街にとけ込み、デザインをキーワードに、人、モノ、コトが自然に繋がっていく」をコンセプトに、家具、雑貨、USEDアパレルなどの販売スペースがあり、また街に関する様々なサービスを提供している。

 KGA近くにあるコザ工芸館ふんどぅは、沖縄市工芸産業振興会が運営するアンテナショップ。現在、沖縄市在住の14工房が出店しており、陶芸やガラス、竹細工、紅型、知花花織り、知名オーディオなど沖縄を代表する工芸が勢揃い。特に、世界最大級の音量と響きを誇るチタンギターなど、沖縄でも中々手に入らない商品も。
 取材班が最後に訪れたのはKOZY CENTRAL。KOZYとは、居心地のよい、くつろいだという意味を持つCOZYと、沖縄市中心市街地の通称:KOZA(コザ)を組み合わせた造語だそう。「コザの街にとけ込み、デザインをキーワードに、人、モノ、コトが自然に繋がっていく」をコンセプトに、家具、雑貨、USEDアパレルなどの販売スペースがあったり、ユニークなアプローチで人気のD‘specの無人不動産があったりと、街に関する様々なサービスを提供。また、ベジタリアンダイニング「ROCK THE CASBAH」や、沖縄クリエータービレッジが管理・運営する多目的スペース「コザの窓」を併設する等、様々な人が集い、常に新しい事が生まれている空間である。
 以前は衣料品や生活雑貨を取り扱うショップが主だった一番街だが、老舗と新店舗が融合し、今では様々な情報や文化を発信しているショップが増えており、魅力的で面白いアーケード街に変わりつつある。

2012年9月現在

このページのトップへ戻る