KOZA  SPECIALコザスペシャル

琉球王国のドラマを巡る越来グスクルート 1/2

越来地区には、越来グスク跡を中心に様々な史跡があります。
越来グスクを中心に、琉球王朝時代にゆかりのある史跡から、越来村時代に人々の生活を支えた史跡まで、越来地区の歩いて楽しめる様々な史跡をご紹介いたします。

銀天街壁画

巨大壁画に描かれたロマンを歩く。

コザ十字路に大きさ1600平米にも及ぶ琉球歴史絵巻とも呼べる巨大な壁画が2015年1月に誕生しました。







壁画は、万国津梁之鐘で有名な第一尚氏・第六代目の王「尚泰久(ショウタイキュウ)」を始めとする越来グスクゆかりの人物が群雄割拠した時代(15世紀)から、戦後米軍占領下に置かれ、黒人街として栄えた時代(1960年代)、そして現在の商店街へと移り変わるまでが絵巻として表現されています。



銀天街壁画
沖縄市コザ十字路

越来グスク跡

沖縄市の照屋・室川を一望。

沖縄市の丘陵地にあった城(グスク)。沖縄戦などで消失してしまいましたが、跡地が公園として残っています。







今でも沖縄市の照屋・室川地域を一望出来ますが、昔は今より高い場所にあり、コザ十字路も今より低い場所にあったので、太平洋まで見えたそうです。昔は中城まで見渡せる絶景が広がっていたそうです。





越来グスク跡
城前公園(越来グスク跡)

越来の白椿

越来王子の愛の証

尚泰久が越来王子として越来城に居城していた時、村の娘、世利休(セリキュウ)との間にできた子どもの誕生記念に白椿とミカンの木を植えたといわれています。






尚泰久は、琉球王国の第一尚氏・第六代目の王で、越来グスクを北山攻略のため強化し、また1458年に護佐丸と阿麻和利の乱を鎮圧した王としても有名です。













このページのトップへ戻る