KOZA  SPECIALコザスペシャル

コザ職人 2 1/2

師匠を持たずして世界に認められた技。
己の響きを追求して楽器の定石を変えた者。
等等… 沖縄市工芸産業振興会に在籍する、
コザの誇る至高、孤高の職人達をご紹介致します。

親川陶芸 唐白窯

独自の世界を産み出す唯一無二の技法

陶芸家・親川唐白

沖縄市の窯元「唐白窯」を拠点に活動する陶芸家・親川唐白さんは、15世紀に朝鮮で発達した三島手という技法に、黒い釉薬を併用した独自の技法「琉球花三島」を生み出した。
 29歳で陶芸の道に入った親川さんは、「僕にしか出来ない焼き物を作りたい」という思いで、師匠を持たず独学で様々な手法を研究してきました。その中で自我の世界「銀河」を表現するために「琉球花三島」を開発し、その独自の技法を用いた「銀河シリーズ」は世界的に高く評価されています。パリやウィーンで国際的な賞も獲得し、2006年には「世界芸術家辞典」に掲載されました。また、2010年には、変花器「シリーズ『銀河』」が第63回創造展で文部科学大臣賞受賞に輝きました。

存在感のあるもの、そして晴れの日に使われる器を作りたいという思いで、動きや遠近感をイメージして作品を創り続けており、作品には繊細さと力強さが入り交じっています。三島手にとって重要な「印」も、デザインも含め全て親川さん自身が作っています。
表現したい独自のものを作るため、今なお研究の連続だそうです。常に新しい表現を行っている親川さんの今後の作品、器に出会うのが楽しみです。

親川陶芸 唐白窯
沖縄市山内1-1-18
TEL:090-3796-4899
http://www.yachimun-touhaku.com

うちな〜工芸

お客様に喜んでもらうことが一番の幸せ

革細工職人・山城正嗣

「うちな〜工芸」の革細工職人・山城正嗣さんは、縁起の良いヘビ革を用いたフクロウのストラップや財布、キーホルダーなどの革工芸品を作っています。
 この世界に入ったきっかけは10年前に仕事の縁で革作りをしている方と出会ったことだそうです。その方から革細工機材を一式譲り受けた山城さんは、それらを活かすため会社の休みの日に那覇の教室に通い、「技術があれば活かせる」という工芸に魅力を感じ、その1年後に16年間勤めていた会社を辞めて独立しました。
       初めは、北谷町美浜で店を構え販売。そして、前職でのセールス経験を活かし営業を行い、今では40ヶ所に商品を卸しています。現在は、玉泉洞に店を構え、販売だけではなく革作り体験の指導も行っています。

   

一番の人気商品は、ヘビ革で作られている「金運ふくろう」です。ふくろうは、目先のきく鳥といわれ、勉強・仕事・商売繁盛するといわれています。また、ヘビ革は金運や幸運をひきつけるとも言われており、とても縁起がいい商品として贈り物としても喜ばれています。
 作った作品を喜んでもらうことが一番の幸せであり、革作り体験では、自分の名前などの刻印が押せるので、自分だけのオリジナルの1点物を作っている人たちの楽しそうな光景を見ることも山城さんの楽しみの1つだそうです。

うちな〜工芸
住所:沖縄市桃原1-5-25
TEL:098-932-8863

Glass studio 尋

自由な発想で、自在に生み出す琉球ガラス

作家 屋我平尋

沖縄市で唯一の琉球ガラス工房「Glass studio 尋」のオーナー作家 屋我平尋さんは、吹きガラスだけでなく、多彩な技術を駆使して自身の作品を創っています。
   元々ステンドグラスの作品を創っていた屋我さんは、ステンドグラスの材料を作ろうと思い琉球ガラスの世界に入りました。読谷村の「宙吹ガラス工房 虹」で8年間修行した後、16年前に「Glass studio 尋」を設立しました。
   従来の色ガラスを用いて作品を創るだけではなく、ガラスを溶かして別の色のガラスとかけあわせ、ここでしか作れない色を生み出しています。また、一方では、昔ながらに廃瓶を再利用した器等も作っています。
   用いている技法も様々で、砕いたガラスを重ねて立体感を出すなど、自由な発想で屋我さんならではのガラスの世界を表現しています。
   琉球ガラスの魅力を「ガラスは光を通すので、この光をどうコントロールするのかが楽しい」と話す屋我さんは、ガラスを曲げたりくもらせたり、ごつごつした物を作ってみたりと、今後も思うまま自由自在に作品を誕生させていくことでしょう。



Glass studio 尋
沖縄市知花5-24-20
098-937-3445
このページのトップへ戻る